toggle
2018-06-04

【様】違い

 

 

美容師にとっての【お客様】なのか【顧客様】なのか!?

結構奥が深い。

 

 

どんなスタンスで働くか、

接するかによっても意味合いが違ってくるし

捉え方も変わる。

 

 

最初はお客様だけど何回か担当させていただくうちに

個人的には顧客様になりいろんな角度から

分析しながら結果を出そうとする。

 

 

とにかく期待に答えたい!

 

 

お客様が描いた結果以上のモノにしたい。

 

 

いつも頭の中をぐるぐる駆け巡る想い。

葛藤も勿論あるあるだ。

 

 

理想はお客様に「私の担当の美容師さん」って思ってもらって

予約していただける事であり継続していただけたら最高。

 

 

毎回ドッッシンと心地よく重たいプレッシャーをまず背負い

その中で喜ばせ感動に繋げる。

ストイックに。

 

 

その積み重ねが顧客様に繋がるのであろう!!

と考えている。

 

 

不正解は多いくせして正解の的はすごく狭い笑。

 

 

ちょっと理不尽かもしれないけど勝負の世界はそんなもんだろう。

 

 

この感覚を持ちながらとにかくあたりまえだけど

一生懸命やっていくのみだ。

 

 

一人カットしていくら?

とか

どのくらい単価をあげればどうとか。。。

 

 

最近は面貸しのサロンも増えたので

そんなやりとりや会話をよく聞く。

 

 

ちょっと違うんだよなぁ〜なんか嫌だ!

 

 

というか自分は性に合わない。

 

 

お客様一人一人が¥マネーに見えるようになったら

もうおしまいだね。

 

 

美容師かもしれないけどデザイナーではない。

 

 

商人である。

 

 

もっともっとそれよりもお客様との髪の

毛の繋がりを強く考えた仕事を。!!

 

 

目指せ生涯顧客様。

 

 

自分の手が動くうちはね。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)