toggle
2019-05-15

オーダー通りでは100点満点だとしたらまだ50点の価値

 

 

新規様でも長年担当していたとしてもサロンにお客様がいらした時に

どんな心のスタンスで仕事をするかによって最後の仕上がりと

お客様への伝わり方が違ってくるような気がする。(個人的に)

そんな話し。もしかしたらお客様側も「あー、あるある」って思う節があるかも。

 

端的に言ってしまうと。。。。

美容師側が知っているかどうかでだいぶ決まってくる。

知っているかというのはカットの切り方や薬剤のうんちくでもなく

目の前に座っているお客様の事をどれだけ透視出来るかどうか。みたいな部分

 

お客様からの唯一の要望&本望は

「私の感覚わかって欲しい。」であり

「先回りして感じてやってほしい」

 

美容室の利用においてのスタンスや欲求によって若干異なってくる

かもしれないけど特に女性においては高い確率で当てはまるような気がする。

もちろん仕事で縛ってしまうし通年自分のスタイルを確率している

場合なんかもあるから揃えて軽くしてって施術が

ベストな方もいらっしゃるのは確か。

それも一つの感覚と世界観だからそんな時は先回りして理解して

毎朝の、仕事状況に合わせたその方のベストを施術するのが正解。

 

全員が「雑誌で例えたらこんな感じがいいはず!」っていうのには該当しない。

 

髪型がもたらす心の影響はかなり大きいって思っている。

 

毎日色々な人に見られて鏡を見る度に安定するかどうかの心理的影響は大きい

昔先輩にこんな事を言われた事があって今となっても心に残っている。

「女性は髪の毛が気に入らないと、安定しないと精神的に不安定になる」

 

当時アシスタントで20代そこそこだった自分には耳から抜け落ちて言った

フレーズだけどもスタイリストになりお客様を担当するにつれて

すごく共感が芽生えるようになった。

 

髪の毛がもたらす影響力は計り知れない。

ヘアスタイルの力って計り知れない。

 

だから髪の毛を切るって事に関して結構研究してしまう。

でももっとよくじっくり考えているのはお客様のなりたい雰囲気。

 

単純に形は切れば作れるけど雰囲気に寄せるのように作るのは

もっと知っていないとだめだ。

 

美容師の真の仕事って作業じゃなくて

プロデュースだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)