toggle
2022-04-07

初めて伺う美容室で〇〇だった事

昨今の感染症のおかげでちょっと不安に

なってしまい近所のサロンに髪の毛の

毛量と整えるだけ行き結果すごく

謎な感覚だったって後から聞いた話。笑

 

今の時期はしょうがないです。

こんなご時世なのでとっても理解。

 

やっぱり美容師さんによって

全然違いますね。笑

そんな話から始まって

 

「どう違ったんですか?笑」

 

 

なんか最初からタメ口でびっくり

してしまったそうです。

開口「今日どんな感じ?」

「どんな感じ?

どんな感じ?

どんな感じ?

どんな感じ?

。。。。。。。

 

出たーーーーー笑笑

 

まあ想像してもらえるとわかりますが

初めていくサロンでセット面に通されて

今の自分がもし仮にたまたま髪の毛を

切りたくなって鏡越しにこんな

感じだったら即帰ることでしょう笑

 

実際にいるんでしようね。

いや、いるんです。

こんな感じというかフランクなのが。

 

当事者としてはキャラ推しなのか

設定なのかわかりませんが

一気にお客様との距離を

縮めたいのでしょう。きっと。

 

それにサロンの雰囲気やブランド自体が

そういう感覚って事もあるし

スタッフみんながそんな感じって事も

あるし問題はそんな感じが

お客様が良しとするか違和感と

捉えるか。。そこが重要。

 

きっと高校生くらいならこのくらい

上からのマウンんと接客でも

問題ないと思います。

 

ただ、働いていて「です」「ます」の

感覚で生きている方だったら凄く

違和感ですね。

 

個人的にはNOですね笑

明らかに年が離れていたとしても

敬語で迎えるのが基本だと

思いますし、そもそもいつから

そんなに美容師が偉く

なったんでしょうね笑

 

しっかり迎え入れて

しっかり話を聞いてあげて

髪作ってまずは認知

してもらうようにしないと

いけませんね。

 

聞いて、伺って、予測して

作って、また途中で伺って、

更に予測して、、

そうやってちょっとずつ

ちょっとずつ。。

 

お客様の話してくれている

温度感やスピードや

言葉の抑揚や目線や

色々な部分を感知して

やっと心の中、頭の中が

半分くらい解る感覚。

 

それくらい1人のお客様の

頭の中を分解&解析するのは

難しい。

 

10年以上担当していたって

毎回鏡越しに髪を作りながら

戦っています。担当年数は

関係ない。2〜3ヶ月経ってしまえば

毎日会っているわけじゃないんだし

恋人でも家族でもないんだから

距離感はでるんです。

なあなあになったら終わりです。

 

新規の方なんて更に分厚い壁が

あるんだからもっと慎重に。

 

「今日どんな感じ?」

「どうすんの?」

 

いや絶対ちがうな笑

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)