toggle
2018-08-30

夏にぴったりの透明感メイク

夏にピッたしの涼しげなメイクイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

暑いからついついアイシャドウはあまりつけたくないし

べったりリップもつけたくない!

 

 

けど色味と抜け感のバランスさせ感覚掴めば

結構涼しげに見えるもんですよ。

 

 

使ったのはこちら。

 

 

コスメデコルテのシャドウとチーク。

 

 

 

左チーク 【クリーム ブラッシュPK850】

右アイシャドウ 【アイグロウ ジェムBE387】

 

 

アイラインはラブライナーのアッシュかブラウンで間を埋めるのみ。

マスカラはクリニークです。

 

 

シャドウは真ん中から目尻に向かってグラデーションになるように

今回SSのデコルテのシャドウはピンクオレンジとベージュが混ざった感じで

本当に綺麗。おすすめです。

 

 

 

 

 

 

涼しげ透明感に魅せる為のポイントはやはり全部になんでもかんでも

塗りたくらない事。ドラッグストアでプチプラのシャドウを買う事も

ありますけど裏面に「番号順につけます」みたいなレクチャーが

載ってる事も多いけど全部つけたら人によっては厚ぼったく重たくなってしまいますよ。

 

 

大事なのはどこに乗せてそれがどんな見栄えになるか!そしてバランスです。

左右対称に入っていれば問題ないです。

 

 

そして、、アイライン。

目を大きく見せたいからといって漆黒のリキッドやペンシルで1センチ近くも

キワを覆って引いてしまってはかなり逆効果になってしまう事も。。。

二重幅や、奥二重 etc….自分の目の形や間隔、幅などを見極めて

締めていくように研究した方がいいと思います。

 

 

今回は涼しげに、透明感をもたせたかったのでアイラインは間を埋めるだけ。

でも薄いグレーをその上から本当に極細でライナーではなくてシャドウを使って

シャドウラインとして引いて仕込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

グレーなどはこんな時に、少し物足りない時に使えるので持っていると

色々使えます。

 

 

チークはほんのり血色が乗るくらいになんどもタッピングして

馴染ませています。今回はデコルテのものを使いました。

練りタイプが使いやすくてお気に入りです。

 

 

粉系だとつける時にTHEチークみたく付いているというよりは

乗っかっている感じになってしまうのでそうなってしまうと

浮いて厚ぼったい印象になってしまいます。

 

 

アイカラーで色味も使っているので今回はほんのり血色程度に!!

 

 

そしてリップはグロスのみ。

あまりボテっとした色味は使いません。

 

 

どこかポイントを置いて今回はアイカラーでしたけど

攻めていくとバランスが取りやすいかと思います。

あとは足し引きですね。

 

 

アイカラーに色味を外しながらグラデーションで使って

チークリップは控えめ。

 

 

アイラインは丁寧に埋めて締めるならボリュームアップタイプの

マスカラを使いましょう。

 

 

 

 

 

✔️net予約はこちら

予約専用tel 0422276388
 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)