toggle
blog
2021-12-08 | blog

ボルダリングの百合草君

がんばれ未来のメダリスト。

髪の毛をやらせてもらって3年くらいになる。

 

 

ボルダリングjrユースの百合草碧君。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初肩周りの筋肉と僧帽筋がすごいなーなんて

話をしていたら回数を重ねていく内に

実はユースなんですって言われて。。

 

 

もしかしたらparisオリンピックには

代表かもしれないですね。

 

 

 

その時は髪の毛をちょっと目立つような感じに

したいねなんて今のうちから話していて楽しみ。

 

 

完全なる実力競争社会に身を置いて

頑張っているところにすごく共感。

応援しています。

 

 

 


2021-10-08 | blog, HAIR記事, makeの事

my work

モデルさんの宣材写真を兼ねて。

メイクはアイシャドウとラインに

カーキをアクセントに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2021-09-24 | blog, camera

my work

モデルさんの宣材写真を作らさせて

もらいました。

before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイクは最近どんどん薄くなって

きていますが季節的にちょっと映える

色味を使ってみたくてピンクブラウンを

ベースにアイシャドウにグラデーションを。

薄めなんだけど立体感はしっかり。

 

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宣材写真やポートレートの写真。

又は名刺やsns等のアイコンなどに

使える自分の写真なんかが欲しい方が

いましたら連絡ください。

 

ベースメイクから髪の毛のスタイリング、

カメラまでさせていただきます。

データもお渡し可能です。

 

連絡お待ちしております。

 

 

 

 


2021-09-13 | blog, column, 口コミ

【吉祥寺】【美容院クチコミ】嬉しすぎるお客様からのレビュー

ご新規のお客様から本当に本当にありがたい

クチコミをいただきました。

美容師やっていてこういうのが本当に

嬉しい。ありがたい。そして励みになります。

 

 

 

 

 

 

高卒で見習いみたいな感じでスタートした

美容師だけども気がつけばもうそこそこ

長いこと仕事してきてる。

自分が想う、抱く美容師の仕事って

こんな感じです。

 

【研究職であり常に自分アップデートが必須】

【まさに技術職!言葉通りそのまんま技術職

なんだけど、、、!?】

【身体が資本】

【自分との戦い】

【ホスト業ではなくホスピタリティ業】

etc,,,

 

まだまだ挙げれば数え切れないけどざっくり

自分の感覚です。

 

自分アプデ〜

 

上から触れていくとまず上手くなりたいとか

上手く切りたいとかざっくりとした技術向上

の部分に関して想うならば完全に自分のとの

向き合いが必要です。言ってみればアスリート

と同じ感覚です。早くなるためにアドバイスや

体験資料は提示されるかもしれないけどそこは

最低限のベースみたいなところであってそれを

完璧に消化したところでクリアにはならない

ことが多々ある。言ってみればそこからスタート

みたいなところがある。どうすれば、何をすれば

どこを強化すれば、どこに時間を裂けば、、

自分と向き合ってトライエラーなのかコツコツ

なのかそれは人によって向き合い方があるから

正解はないけれど模索や研究、一括りに努力

と言われる事は向上を求めている以上ずっと

続きます。終わりは自分で簡単に決められるから

いつでも思考をストップすることは出来るけど。

 

技術オンリーではないけれど。

 

彫金や彫刻のような表現要素やディテール

部分の落とし込み要素はあるんだけど

一番の明らかな違いは人対人という部分。

対話して引き出して満足していただくという点

ではカウンセラーみたいな要素が必要かと

いえばそれ一辺倒じゃないところが

面白い。もっと大事なのは観察能力

かもしれないと思っている。髪の毛だけ

にフォーカスして突き詰め作るのではなくて

目の前の人にとってのその時の1番を

作らなきゃいけないからいかに気持ちの

奥底を先回りできるかってところが観察力

にプラスして重要なスキルになってくる。

毎日毎日あれじゃないこれじゃないって

思い、考えたりブラッシュアップしながら

続けるのはやっぱり根底に好きという

よりかは楽しめる部分があるかないか

ってところが大きいのではないかと

思う。好きだけでは乗り切れない局面

も多いし〇〇するために努力してるって

いう自分自身に課してる感覚のうちは

どっかで心を畳みかけられてしまう事も多い。

逆に好きだから〇〇できるようになるための

時間などが努力とカウントされないって

位の感覚がいいと思う。

 

とにかく楽しもう。

楽しいって思えるように、、

そこまでは努力必要かもしれない。

でも楽しいって思い始めたら

努力って思わなくなるから。

 

PS:

今回ありがたいレビューを書いていただき

ありがとうございました。この場で

申し訳ないのですがありがとうございます。

再び再来していただいた際には再度

自分でありがとうございますと伝えたいと

思います。お待ちしています。

 

✔️net予約はこちら

 

予約専用tel 0422276388

 

 


2021-09-10 | blog, column, HAIR記事

【吉祥寺】【再現性最強】強いパーマさようなら。。

長年通っていただいてるお客様にパーマ

をかけさせていただきました。

髪の毛はこんな感じ。

【直毛】【髪質は硬い】【量感も多め】

before

トップの長さが伸びて下に重さが溜まり

スタイリングしにくそうです。

 

 

 

スタイルはミディアムベースでレイヤーが

たっぷり入った、かきあげても耳にかけても

ラフな感じに仕上がるようなイメージで

作っていきます。

 

パーマに関して少し触れると

以前にも書いたのですが

やはりパーマの一番のメリットって

個人的にはこんな感じ!

 

【自分での再現&操作性】

【ボリューム、骨格&後頭部等の頭の形補正】

【髪の毛の質感や形状の変化による雰囲気変化】

【スタイリングの変化と補助】

 

その他(パーマがかかっているほうが

なんとなく様になるから)、、とか

(安心。。)とかパーマスタイル自体を

好むお客様もいらっしゃいますが

1番注意しなくてはいけなくて自分自身

もパーマの際には1番気を使うところは

スバリ【強さ問題です】。

 

欲しい雰囲気と違う感じのwaveやカール

だったなんてのは問題外なのでちょっと

外しますがとにかく強さに関しては

次の日の操作性や再現性に直結するので

パーマをかける際には

一番繊細な部分だと思っています。

 

乾かすだけでいい!それがいい!!

そんな感じでパーマを作っています。

 

お客様の自宅でできる事なんて

自分の髪の毛を乾かすこと位です。

(きっと。。)

だから7割程度の乾いた状態や完全に乾いた状態

でお客様が思っているような質感になるように

パーマをかけます。

 

お客様自身でその日の気分で

もしちょっとウェット仕上げ

気味にしたければ半渇き。

 

しっかり乾かしたのであれば最後に

髪の毛全体にwaxを揉み込んでおしまい。

といった感じにお客様自身が気軽に

何も考えなくて乾かしていくだけで

完成になるようにパーマの強弱や

質感を考えています。

 

ちょっと強くてブローが必要なんて

状態は1番自分にとって嫌な感じです。

あくまでもお客様がやるのは髪の毛を

乾かすだけ。あとはその時の気分で

どれ位の水分を残すのかどうなのか、、

ただそれだけ。。

 

髪の毛は水分があればパーマのカール感

はしっかり残るし乾いていけば伸びて

散っていきますが質感と

ボリューム感が残ります。

 

今回のお客様のパーマの理由は

【直毛なので動きと柔らかい質感が欲しい。。】

 

パーマはこんなにシンプル。

カールや質感が欲しい場所にしか

巻きません。

と思ったらパーマ巻いた感じ

写真撮ってなかった。。泣

レタッチで再現。

 

※反対サイドも同じように。合計10本(前髪太めで1本)

 

一箇所巻いたらその隣はいいの?

1番下の襟足の部分は巻かないの??

毛に対して全部巻くんじゃないの???

 

たくさん巻けばいいパーマが完成

するってわけではなくって

まずはスタイルありきです。

今回のミディアムベースで

トップにレイヤーが入っていて

かきあげたり無造作な雰囲気にしていく

のに対して全体にパーマがあるよりも

スタイリング時にコテを巻くように

必要なところだけにパーマを巻いていく

イメージで巻いています。

 

そのほうがスタイリングしやすいに

繋がるのと欲しいところだけにパーマが

あって馴染みもいいに繋がります。

 

今回の希望はクルクルとパーマの

質感が全面に出てパーマの形状を

楽しむパーマスタイルではなくって

スタイリングのし易さだったり

スタイリングのアクセントになるような

パーマです。

 

仕上がり〜スタイリング

 

8割程度乾かしてちょびっと

だけ水分が毛先に残っている位で

柔らかめのwaxを毛先中心に揉み込んで

おしまいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュアンスやアクセントがミディアム

ベースのレイヤーカットに反映されて

柔らかい動きが出て雰囲気も変わったと

思います。これくらいの感覚が大人っぽくて

素敵です。前髪から顔まわりに関しては

少し量感をシースルー気味にして馴染みと

量感と隙間のコントラストを狙っています。

 

パーマの質感としては濡れている時は

クルンっとしているんですが

乾かしていくと少しづつカールが

伸びていき完全に乾かした場合32ミリ位の

太めのコテで巻いたような感じの仕上がり感

になります。

 

僕個人の主観になりますが今回のように

スタイリングの手助けをする程度のパーマスタイル

でしたらこの程度の仕上がり感のほうが

お客様の使用可能や目線から考えると

いいんじゃないかなと思います。

まずパーマが邪魔にならないし

勿論スタイリングの時短にも繋がります。

 

 

 

 

 

まとめ〜

 

今回はサロンでパーマの希望をした時の

お客様の感想だったり感覚を自分なりの

考察を交えて綴ってみました。

自分自身も美容師になる前の

高校生の時ににわざわざ

原宿までパーマをしにいき当時は

色々切り抜きなんかを持っていった

のですが何度か漫画のおばちゃんのような

再現できないパーマをかけられて

結果自宅近くの美容院でストレート

パーマをかけて落とす、、なんて記憶

があります。

 

何度かトライしたんですが

乾かしてwaxをつけて完成って感覚の

ベストなパーマにして貰えたのは本当に

数える程位でした。。笑

 

パーマは初めてのサロンだったりすると

なかなか垣根が高いし常に「どうしよう」

「どうなるかな?」

「自分で出来なかったら。。?」

なんてカラーに比べると不安要素や心配が

沢山よぎってしまう懸念はお察ししますし

自分もお客様の立場だったら美容師だけど

今でも同じ感覚になると思います。

 

今こうして施術する立場になって

思う事は「じゃあパーマかけましょう」

って簡単に押さないようにしています。

 

カウンセリング時にボリュームや

直毛、、頭の形、、などワードが

出てくる事も多いですがなんでもかんでも

「パーマしましょう!」でななくて、

その前に悩みや希望スタイルや普段

好きな雰囲気などの情報をしっかり把握

してからその上で初めてどんなパーマだったら

色々複合的に叶うのか、そして自分で

やりやすくなるのかを話すようにしています。

 

結果パーマしなくてもいい!なんて事も

普段サロンワークでも結構あります。

実際は【パーマしなくてもいい】でなはくて

【パーマが必要ではなかった!!】

になるのですがお客様の考えている

スタイルだったらパーマではなくて

カットと細かい質感調整と

スタイリングに伴いベストマッチな

waxの種類や付け方をレクチャー

したほうが良かったなんて事も。

 

色々な美容師がいて10人いれば10人とも

感覚やセンス、仕事の荒さや繊細さも

様々です。髪の毛って自己表現の一部で

メイクなんかと同じ位の感覚の方も多く

いらっしゃると思います。服に合わない

濃いアイシャドウや顔が大きく見え過ぎて

しまうチークを入れたまま人に

会ったりしたくないものです。

 

長い間担当させていただいてる方は勿論

ご新規の方もですがなるべくなりたい世界観や

本人が持ち合わしている主観、願望などを

歩み寄った上で【更新、変化】させ、

喜んでもらえる事が出来たら最高ですね。

 

 

〜大人っぽい雰囲気やニュアンスにします。

カットのみで(ドライカット)で動きのある

質感に変えます。小顔に魅せる顔まわりの毛束などを

時間をかけて似合わせていきます。子供っぽくなりたくない方や

大人上品に魅せたい方ご相談ください。

 

✔️net予約はこちら

 

予約専用tel 0422276388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2021-09-04 | blog, column

【吉祥寺】お客様の期待値について考えてみた。パーマ編

せっかく期待と希望を持ってパーマ

をオーダーしたのに次の日の朝

 

「もしかしたら強いかも。。。」

「ん。。!?」これってちょっと伸ばせば

まだいいんだけど言われた通り

ドライだけだと。。

なんとなくS字や波状のうねり感が

気になる箇所がある。。

ここまでものうねりはもしかしたら

 

【要らないかも。。】

 

「え、自分が下手なだけ。。??」

そして大事な顔まわりだし。。

(まあ伸ばせばいいんだけど。。。。)

 

こんな鏡の前の朝の自問自答一度くらいは

経験があるのでは無いでしょうか。。。

 

パーマの失敗とまではいかないレベル

なんだけれど自分での操作難がパーマを

かけた事によって逆に出てきてしまい

再現の手間が増えてしまった。

せっかくパーマしたのに。。。

 

今の求められるwaveやカールの質感って。。

 

お客様がパーマを希望時に

1番気を使うのはパーマ前のカットです。

パーマはカットありきの

技術だと思っています。

スタイルを無視してパーマを

かけたとしてもパーマスタイルには

なるかもしれないけど髪の毛の形状が

変化しただけ。

今はナチュラルなスタイルや無造作な

感覚&質感のスタイルが多いので

パーマもそれに寄せてかける事が多いです。

10年前だったら大きめロッドだったとしても

全頭を沢山ぶどうのように巻いていた

けど今は逆に自分は巻きません。

というより巻かない派です。

 

【吉祥寺】【再現性最強】強いパーマさようなら。。

 

 

単純にそんなに巻く必要がないから。。

 

仕上がりもアンニュイな

ニュアンスのスタイルが

ショート〜ロングまで増えて

パーマというよりそれは【クセ】

みたいな。。そんなデザインが多い。

又はそれはコテで出来るね。。。

みたいな感じの。

 

結果パーマをかけない事も多い!!

 

美容師(デザイナー)は色々なタイプがいる。

動きとかボリュームとか言った途端に

「じゃあパーマですね」ってな感じで

推す人もいれば「なんでパーマ

なんですか?」って動機を探って

お客様側に立ち真相を引き出そうと

するタイプもいる。自分はどっちかって

いうと後者のタイプなんだけど場合によって

は「じゃあパーマは要らないです」って

なることもあったりする。

 

スタイルやお客様の動機や心理に沿った結果

カットとwaxの種類を教えてあげれば満足レベル

のキャップに到達すると思ったから。

 

意外と。。。いや、結構意外と

そんな感じでいける。というかちゃんと

傾聴してればパーマ要らなかったなんて

事も実際多いはず。

 

かけてあれば安心みたいなお守り要素

での満足感で安心してしまっている

なんて事もあるんじゃないかと思う。

 

だから次の日いざやってみると。。。

 

そうなんです。サロンマジック笑

やってみると納得、期待値、、

とりあえず安心要素でかけたはずの

パーマが、、、やりずらい、、、

こんなはずじゃなかった、、

自分が再現できないだけ。。

だってパーマしたじゃん。。

だってパーマしたじゃん。。

だってパーマしたじゃん。。!

 

結果やりずらい。。。

 

実際はもしかしたらパーマの強さかも

しれないし、要らなかったかもしれないし

こんな想いを抱かせてしまったら

ちょっと悲しい。。。。

まあ二週間くらいすると(ちょっと経ったら)

馴染んでいい感じになったっていう経験あると

思いますがパーマが少し伸びたり

髪の毛が伸びて重さや馴染みが出たんだと

思います。そんな時はもしかしたら

やりにくかったと感じていたのかもしれません。

 

パーマは難しいけどハマると最高のツール

まとめ

 

色が変化するカラーと比べて形が変化する

パーマの方が最新の注意というよりも

お客様目線での最新の感覚が必須です。

「なんで」又は「どうして」を常に軸に

聴く事が重要だと思います。

髪の毛の形状の変化を求められてる場合と

スタイリングでの補助効果

(ボリューム、頭の形の補正)を期待されて

る場合とではお客様の頭の中の感覚と

ズレが生じる可能性があるので

じっくりと。。

スタイリングの補助の場合は

希望スタイルによってはカットのみ

でいける場合があると思います。

髪の毛作る事って人の感情や心情が

背景に見え隠れしているから

実際は沼のように深いです。

でも奥底から納得してもらいたいし

欲があるからしょうがない。笑

 

歴が長くなって来ると必然的に

付き合いが長いお客様が多いですが

わかっているつもりではいても

どうしてもいまだに当たり前ですが

慎重になってしまう。。

 

髪質は付き合いが長い分把握できて

いるので切る分には頭の中にしっかり

付き合ってきた分のデータが

入っているのですが心情や奥底の感情などは

何年経っても新鮮に対応しないと

叶えられるものでもないので

いい意味で緊張しますね。

最大限納得をしてもらうために。。。

 

 

大人っぽい雰囲気やニュアンスにします。

カットのみで(ドライカット)で

動きのある質感に変えます。

小顔に魅せる顔まわりの毛束などを時間をかけて

似合わせていきます。子供っぽくなりたくない方や

大人上品に魅せたい方ご相談ください。

 

✔️net予約はこちら

 

予約専用tel 0422276388

 

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 231