toggle
2021-09-13

【吉祥寺】【美容院クチコミ】嬉しすぎるお客様からのレビュー

ご新規のお客様から本当に本当にありがたい

クチコミをいただきました。

美容師やっていてこういうのが本当に

嬉しい。ありがたい。そして励みになります。

 

 

 

 

 

 

高卒で見習いみたいな感じでスタートした

美容師だけども気がつけばもうそこそこ

長いこと仕事してきてる。

自分が想う、抱く美容師の仕事って

こんな感じです。

 

【研究職であり常に自分アップデートが必須】

【まさに技術職!言葉通りそのまんま技術職

なんだけど、、、!?】

【身体が資本】

【自分との戦い】

【ホスト業ではなくホスピタリティ業】

etc,,,

 

まだまだ挙げれば数え切れないけどざっくり

自分の感覚です。

 

自分アプデ〜

 

上から触れていくとまず上手くなりたいとか

上手く切りたいとかざっくりとした技術向上

の部分に関して想うならば完全に自分のとの

向き合いが必要です。言ってみればアスリート

と同じ感覚です。早くなるためにアドバイスや

体験資料は提示されるかもしれないけどそこは

最低限のベースみたいなところであってそれを

完璧に消化したところでクリアにはならない

ことが多々ある。言ってみればそこからスタート

みたいなところがある。どうすれば、何をすれば

どこを強化すれば、どこに時間を裂けば、、

自分と向き合ってトライエラーなのかコツコツ

なのかそれは人によって向き合い方があるから

正解はないけれど模索や研究、一括りに努力

と言われる事は向上を求めている以上ずっと

続きます。終わりは自分で簡単に決められるから

いつでも思考をストップすることは出来るけど。

 

技術オンリーではないけれど。

 

彫金や彫刻のような表現要素やディテール

部分の落とし込み要素はあるんだけど

一番の明らかな違いは人対人という部分。

対話して引き出して満足していただくという点

ではカウンセラーみたいな要素が必要かと

いえばそれ一辺倒じゃないところが

面白い。もっと大事なのは観察能力

かもしれないと思っている。髪の毛だけ

にフォーカスして突き詰め作るのではなくて

目の前の人にとってのその時の1番を

作らなきゃいけないからいかに気持ちの

奥底を先回りできるかってところが観察力

にプラスして重要なスキルになってくる。

毎日毎日あれじゃないこれじゃないって

思い、考えたりブラッシュアップしながら

続けるのはやっぱり根底に好きという

よりかは楽しめる部分があるかないか

ってところが大きいのではないかと

思う。好きだけでは乗り切れない局面

も多いし〇〇するために努力してるって

いう自分自身に課してる感覚のうちは

どっかで心を畳みかけられてしまう事も多い。

逆に好きだから〇〇できるようになるための

時間などが努力とカウントされないって

位の感覚がいいと思う。

 

とにかく楽しもう。

楽しいって思えるように、、

そこまでは努力必要かもしれない。

でも楽しいって思い始めたら

努力って思わなくなるから。

 

PS:

今回ありがたいレビューを書いていただき

ありがとうございました。この場で

申し訳ないのですがありがとうございます。

再び再来していただいた際には再度

自分でありがとうございますと伝えたいと

思います。お待ちしています。

 

✔️net予約はこちら

 

予約専用tel 0422276388

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)