toggle
2021-05-07

こんな時期だからこそ

緊急事態再び、、、、

 

もう慣れてしまいました。毎回毎回。。

去年はサロンに来ていただけるかどうか

ちょっと不安もあったけど

今はそこまで不安に苛まれていない。

 

それはありがたいことに長い間担当させて

いいただいているお客様に来ていただけているからです。

毎回毎回の来店の時にしっかり仕事を重ね

信頼を貰い気がつけば10年担当なんかもう珍しくもない。

 

確かに電車やバスで来ていただける事に関しては

本当に感謝しかないけどお客様のペースで、

間隔で来ていただければいいんじゃないかと思っている。

 

今は、、本当は行きたいけど色々な理由で

ちょっとの間通えません!いけません。ごめんなさい。。。

色々な状況があるししょうがない。みんなそれぞれ状況がある。

 

大事なのは来ていただけたときに

以前と全く変わらない感じで接客してあげる事に尽きる。

 

ありがちなのが「久しぶりですね」「どうしてたんですか?」

なんて言葉を振りかけて繋いでしまうこと。

 

本当にやりがちなんだけどこれはダメ。

 

担当者側は挨拶程度の感覚でサラッと言うんだけど

お客様からしたらちょっと恥ずかしいし、

なんかやり場がないというか、

ついついすいませんみたいな感じになる。

お客様も久しぶりなのも来店周期が

開いているのもわかっている。

 

「また来てください」ではなくて「またよろしくお願いします」

 

ずっと担当していたって来店し続けてくれる

保証なんてどこにもない。

サブスクみたいな感覚は持たない方がいい。

お客様目線で丁寧に。真摯に。

コロナ禍でもやることは何も変わらない。

もちろん次に来ていただける保証もない。

またチャンスをください位の感じで

自分の気持ちに驕らずやっていきたいものです。

コロナ禍になり美容師としても色々考えられるいい時期。

じっくり腰を据えてしっかりとお客様に

向き合ういい機会でもある。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)