toggle
2017-12-03

インフルエンザという留置所

 

 

今年のはじめに生まれて初めてインフルエンザにかかりました。

何故だ!!!怒。

 

 

毎日体のケアは勿論しっかり栄養も摂っていたはずなのに。。。。

そんな訳ない、納得できない。。

 

 

「本当にインフル」ですか???

 

 

喉の痛みを理由に早期に改善しようと処方を求めて

近くのクリニックに行ったのが悲劇の始まりでした。

 

 

「出たね。!!」

 

 

そう言いながら近寄った医師は「じゃあ5日、安静に謹慎」

 

 

。。。。。

 

 

「謹慎!!!」

 

 

美容師にとってはというか僕にとってはすぐさま

死を意味します笑。

これだから困る。

 

 

誰が5日なんて拘束の日を設けたんだよ。まったく。。

 

 

というか寄った先のクリニックでまず

体温を取らされたんだけど36.8。

 

 

因みに平熱は36度位だ。

 

 

インフルエンザ様ってのは今までお世話になった事ないけど

確か知識では38、9度出るんじゃなかったのか??

 

 

症状だって知ってる。

 

 

まあざっくり言えば風邪の超強力版。

関節節々痛に加え食欲無し。

 

 

ただひたすら寝込み続け

水分補給しながらタミフルを飲む。

 

 

そして2段階目にはリレンザという流れだ。

 

 

大体の成人であればタミフルを飲みながら

2日目あたりには食欲も出てきて節々の痛みも和らぎ

倦怠感だけが残る状態になっていく。

 

 

がしかし。。。。

 

 

手元の計器は36.8。

 

 

今後この日を境に悪くなってくる可能性もあるのか???

 

 

どうなのか???

 

 

とりあえず帰宅(チーン)

 

 

土日を挟んでいたため既存のお客様、

新規指名のお客様にはスタッフから連絡を入れてもらい連絡は完了。

 

 

心がグッと痛む。凹む。。

 

 

簡単に言ってしまえば自己管理不足という事です。

自分のせいです。

 

 

もしかして急激に熱が上がったら嫌だななんて思いながら

安静にしていると夜になって変化が。(実際少し寝た)

 

 

普通に腹が減った。。。。。

 

 

チャーハン食べたい!!笑。

 

 

王将にでも行きたい。

 

 

いや駅前の日高屋で我慢する。。。

 

 

普段は夜なんて炭水化物を撮る事はない。

ジムのルーティーンなら確実に鶏肉か魚、

野菜のチョイスになる。

 

 

体が熱量に変換されるものを欲している気がした。

 

 

しょうがないから防寒してスーパーに出向き調達。

結局チャーハンじゃなくて具沢山の湯豆腐みたいなのにした。

 

 

体の免疫を上げる野菜などを事前に調べ、

肉類はやはり鶏肉にした。

 

 

腹が減った。普通に。。そして薬を飲む!!

 

 

寝る。

 

 

次の日全然なんともなかった。

極めて普通だった。。

 

 

これが自分にとっての初インフルエンザ。

 

 

ただただ5日の拘束が辛すぎる。

 

 

今回のシーズンは絶対にかからない。

かかってはいけない。!!!

 

 

調べた結果やはりキーポイントは免疫力。

免疫を落としてはいけない。

 

 

下げる事はネットで例えたらファイヤーウォールも

セキュリティソフトも何もない丸腰状態と一緒だ。

 

 

免疫維持!!!!

 

 

これがシーズンを超えるまでの当面の自分の課題になりそうである。

 

 

食事から、睡眠から、、そして運動から。

 

 

今年終わり〜来年にかけて必ず肝に命じて注意しなければ。。

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)