toggle
2016-03-31

カラーだけの需要が増えていますが。。。。

カラーのみの需要について。。

 

 

IMG_4376.JPG

 

 

 

昔と違って根元を染めるだけとか

雰囲気が変わる程度にちょっと明るくするだけ!

そんな時もありましたが今はカラーの色味や幅も増えて

カラーが特別視されるようになってきたような気がします。

 

 

 

其の一つにやっぱりブリーチを挟んだ数年前

からワードにもあがってる「外国人風」の流れがあるように思います。

 

 

 

極端な毛先のグラデーション、根元のグラデーション、

毛束の中から見え隠れするハイトーンの毛束、アクセサリーカラー。

共通してるのはキレイで明るくてハイトーン。。

 

 

 

ブリーチ有りき。という感じ。

 

 

ブリーチに対する垣根が低くなった。

 

 

 

お客様の色に対する意識も上がった。じゃあカラーを売って行こう!!

 

 

 

だけどもカラーの需要はあるけれどそこはそこ。!!って考えもある。

カラーだけのお客様ってなかなか定着しない気がします。

個人的にはやっぱり形(カット)を売って行きたいな。

 

 

 

形があってじゃあカラーしてみたい、パーマしてみたいっていう流れが自然。

カラーは色彩のセンスと感覚がスゴく問われるね。

髪の毛のコンディションによっては難しいしね。

 

 

 

やっぱりカットが好きだなー!!

笑何となくのぼやきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)