toggle
2018-06-21

サランスクの奇跡、、、ではない。

W杯初戦。HUBにて見に行きました。

 

 

 

 

前半3分奇跡の始まり。。。。

 

 

ではないと思っている!!

 

 

 

 

大迫の気持ちと香川の視野の広さ。

乾と香川の二列目の詰め、

しっかりダイレクトで枠に打った事。。

 

 

完璧に大迫から崩した一点!!

 

 

 

たまたまハンドになったラッキーゴールでなはい。。

 

 

 

 

 

相手ディフェンダーもW杯の大舞台。。

気持ちが出てるからこそ、、

打たれたら入ると思ったからこそ手が無意識に出たのでしょう。

真剣勝負。

 

 

勝てばなんでもイイ!!

けど内容も結構よかった。

 

 

セットプレーからの2点目よりも個人的に

1点目に結構今の代表の気持ちが詰まっていた気がします。

 

 

帰ってテレビつけたらセネガルとポーランド!!

実はこれにすごくびっくり。

 

 

アフリカ勢は今まで身体能力の強さと思い切りの

蹴って走れのサッカーの色が強いと勝手に認識してた。。

 

 

でもセネガルはまるでヨーロッパのような戦い方で

これは相当強いと感じた。

 

 

コロンビア。ポーランドなんかより多分強いと思った

 

 

中盤から徹底した2〜3枚のボランチの組織だったプレス、

ドリブル、足元の旨さ、

そこに身体能力がミックスされて

あれでこられたらおそらく死闘になる笑

 

 

運動量も最後まで全然落ちなかった

 

 

正直観るのが怖い。。笑


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)