toggle
2016-07-22

タイミングに乗る

th_写真 2015-07-17 15 57 32

 

 

楽しく働くのも何もかも自分次第。

自己を知り、鍛え、補い。投資して

努力して結果を出して行く。。。。

 

 

 

昔はサラリーマン的考えだったのに自分も大分変わったものだ。。ここまで変わったのも何かがあった訳ではないんだけどどうしてかは解らない。

 

スタイリストになって以前は次の休みを指折りしながらは休みの為に働いていた。休みに何処へ行こうか??誰と何をしようか??そんな所。笑そんな感覚が普通だった。。

 

まあ別に悪くない。。仕事は仕事でしっかりやっていたというかこなしていたんだと思う。【可も無く不可もない】ノーマルな生き方というか無理しないで生きていた。

 

だから当然そこ迄コミットした目標も無い。。野望も。。ただ仕事をして休んで、その繰り返し。。雑誌に出てる美容師も作品もそこまで興味なかったし【ふーん。。】って感じだったような気がする。

 

今は。。。。。

 

全くひっくり返るように逆になってしまった。

 

何故???

 

th_写真 2015-07-29 18 45 29

 

 

 

 

 

th_写真 2015-07-29 18 43 54

 

 

単純に仕事の方がプライベートよりも面白いからだと思ってる。休みがあっても特に何もする事がないという事実もあるけど笑。

 

変わったきっかけは多分【表現の自由化、】そして【SNSの普及、】美容師の【セルフブランディングの多様化にともなった成功事例が増えた事、波及。】

 

昔は美容業界誌(専門誌)、一般誌(女性誌)に出たり、メディアに出たりなんてプレイヤーがフォーカスされる事に結構希少価値があった。雑誌はライターさんとつながりの深い有名店だったり業界誌は本当にクオリティーの高い作品としての作品ばかりで普通にサロンで働いている美容師さんにはピンと来ない世界。

 

 

 

そしてSNSが流通してきた結果。。。

 

今はどんどん自由化が進んで作品もそうだけど動画などで色々売り込め、発信出来る環境を自分で作れる。気軽に発信出来て色んな人に見てもらえるチャンスが何倍も広がった。だから面白い。自由に出来て反応も確認出来るからヤル気がありさえすれば多様化を計れる。

 

僕の場合はココがターニングポイントだった。

 

カメラを買ってコツコツ撮影を初めて数年。メイクも講習、セミナーに通っている今。

 

休みは全部仕事にいつの間にかなっているが仕事しているっていう感覚すらない。趣味的思考になりつつある。仕事と休みというところを分けて考えた時には仕事ばっかりになっているのは事実。

 

楽しんでいる。笑

 

きっかけに乗るか乗らないか。乗り方もタイミングもあると思うけどそういうの大事。

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)