toggle
2021-08-05

レイヤーを入れて軽く動かしたい。

髪の毛を軽くして動かしたい!

ラフなスタイリングしたい。

でも大人っぽく魅せたい!!

 

サロンに行って「軽くしてください」

ってオーダーした経験あると思います。

その時確かに手触りは軽くなったけど

髪の毛束の動き方はなんか理想とイメージ

していたのとなんとなく何かが違う気がする。

そんな時はおそらくトップの毛の長さが

残ったままで髪の毛の長さは切られてないけど

量感は調節されているなんて状態だと思います。

 

要するに髪の毛のトップの長さが

変わっていないのでワンレングスの

段(レイヤー)が入っていない状態で髪の毛の

重なりが無く髪の毛はまとまりやすいかも

しれないけど動きが出にくい状態。

動くのと軽いのは別です。

 

お客様側が軽くして欲しいと伝えてきた場合

髪の毛に動きが欲しいから言っている場合と

髪の毛が重いから軽くしてほしい(梳いて欲しい)

と思っている場合があると思っています。

 

そんな時は単に梳いて軽くしてokの場合と

髪の重なりを作って動きを作ってあげなければ

いけない場合と選択肢が異なってきます。

 

この辺りって意外とお客様と担当者側のズレの

部分だったりして意外と盲点でもあります。

そして梳いて軽くしてしまった場合でも髪の毛の

質量が減るので以前よりは髪の毛は動きやすく

なることは確かなのでコテなどスタイリングは

今までよりもやりやすくなることから

「こんなもんか、、、。」

「確かに軽く動きやすくなった。。」

と認識されることも多いんですが

梳いて作った髪の毛とは違いちゃんと

髪の重なりを作った場合は髪の毛の

重なり方が変わるので表面に圧倒的な動きが

出ます。コテ巻きなどをした際にも重なりが

生まれるので立体的な表情になります。

 

最近は重いスタイルもまだ多いですが

大人っぽくラフな動きを纏ったレイヤー

スタイルも大人女子を中心にオーダーが

増えてきています。

 

 

 

 

 

25歳〜30歳代働く女性にオーダーが多いのが

レイヤーが入った乾かすだけでラフに決まる

ミディアムくらいの長さ。ロングではなくて

ミディアムだと肩を越さない為自然にいい感じに

ハネ感が出たり本当に乾かしてwaxをつけて

無造作な感じに持っていきやすい

メリットなども多い。

 

ただワンレングスのような一つの長さでミディアム

くらいの長さだと重なりがない分逆に今度は

広がってしまい扱いが途端に難しくなってしまう。

量を梳いた状態にしても同じ

結局髪の毛の重なりがとっても大事に

なってくる。

 

挑戦しやすい!!

 

 

 

 

 

ロングからバッサリいく場合やボブなどが

伸びてしまった時などちょうど通過点になるのが

ミディアムスタイル。

ミディアムからロングに伸ばそうと思っても肩を

通り過ぎるくらいの時にどうしても

ハネ感が前に出てしまい縛るか

下ろすかのせめぎ合いになる。

案外ミディアム〜ロングの期間は長く

伸ばす覚悟を途中で断念してしまう方も少なくない。

 

伸ばしていこうと思っている方も

 

最終的にロングに向かうという前提で

スタイルを楽しむのが一番ストレスがたまらない

かもしれないですね。

なので、伸ばしている=「髪の毛を切らない」

ではなくてトップの毛は切ってアウトラインを

切らずに伸ばしていければレイヤーをれつつ

髪の毛を動かしつつ伸ばせるので

ストレスにならないと思います。

 

大人っぽい雰囲気やニュアンスにします。

カットのみで(ドライカット)で動きのある質感に変えます。

小顔に魅せる顔まわりの毛束などを時間をかけて似合わせていきます。

子供っぽくなりたくない方や大人上品に魅せたい方ご相談ください

#吉祥寺 #小顔カット #大人ヘア #吉祥寺カット上手い

 

 

 

 

 

✔️net予約はこちら

 

予約専用tel 0422276388


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)