toggle
2022-02-11

今年のカット

今年は更にカットを細かくというか繊細に

していこうかと考えています。

 

カットに最大の価値を付与出来るように

凄い細かい部分とかを更に見つめ直して

ブラッシュアップをして提供して

いこうかと考えています。

 

カタチの造形(カット)は造る人が違うと

全く別モノになります。

気持ちや、繊細さなどが色んな意味でも

髪の毛にそのまま乗ります。

 

なので終わりがなくキリがないんだけど

だから面白いし造り甲斐があります。

 

情報が溢れかえったこんな時だからこそ

SNS始め、流行りや技術の馴れ合いに

振り回されるデザイナーにだけには

ならないようにしないと。

 

しっかりと腰を据えて目の前の定期的に

通って頂けているお客様の為に提供出来る事を

真っ直ぐに考え煮詰めていこうかなと。

 

接客やおもてなしやファンにする事や

楽しませる事やその他美容室に再来する事の

意味合いは100%技術推しではダメなのも

勿論わかっているけど与えられる事の

カタチとして表現出来る

唯一のモノでもあるので。

 

まずは喜んでいただけて感動していただける

直結最短部分での満足感を。

 

カットでの具体的な変更点などは髪質による

ケースバイケースな部分もあるので

一概には伝えられませんが

すきバサミの使用頻度を減らして

もっと髪の質にこだわって艶や再現性の部分で

表情を変えられないか研究中です。

 

(すきバサミが悪いっていうわけではありません。)

日々日々研究ですね。

よろしくお願いいたします

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)