toggle
2015-11-28

価値観

サロンでのお客様の価値観は一体どうでしょう??

 

 

 

¥カットにコレくらい

¥カット+カラーしてトリートメントもして。。。

それぞれ美に対する価値観は人それぞれだと思います。

 

 

 

すごい難しい部分だと感じています。

とにかく安ければ安いほうがイイ。

逆に安すぎても不安。

高いと一体何故こんなに高いのか?

平均とかも地域によって様々だからなかなか計りづらい。

僕はこんな感じに考えたり思っています。

 

 

 

例えばカット¥5000と¥8000

普通に考えたら「え、¥8000」ってなる方が一般的だと思います。

ちなみに僕もそう思う。

 

 

 

でも¥8000ってどんなカットなんだろうっても思う。

問題はそこですよね

¥3000の差を考えるその分のクオリティを考える。

実感、体感出来るかどうか。。。

完全に満足度として与えられるか。。

 

 

 

普段目にしてる食材でも洋服でもプライスの幅を比較して

感じながら生活しているとやっぱり同じ事の想いが有ると思います。

僕はサロンの場合で考えた場合高い方がいいとか安い方がいいとか

ではなくて当たり前ですが満足度の問題だと思っています。

 

 

 

サロンを選ぶのも良かったかそうでないか思うのもお客様。

僕らは求められた要求に対してベストを尽くすだけ。

期待以上の事をするだけ。すごく内情はシンプルです。

 

 

 

本当に美容師楽しんでたら値段が安いからとか高いからとかで

やる事の内容やモチベージョンは変化しないのがプロフェッショナルだと思います。

お客様は最初にプライスが付いてくるけど僕らは意外にも気にしてないかも。

 

 

 

安くても高くてもやる事は一緒です。(僕は)

 

 

 

お客様がプライスによってサロンを選ぶ。

選ばれて来て頂いたら目一杯やる。感動させる。

結局シンプルですね。笑

 

 

 

値段以上の価値や満足度があればもう一度来るだろうし

期待ハズレで有るようならもう来ない。

言って見れば満足させられる事がベースで更にプラスαあれば

そこが満足度に繋がる。

 

 

 

一番良くないのはがっかりさせてしまう事。

 

 

 

人ってやっぱりそんな時は比較してしまい感想を述べてしまう生き物。

「ある程度したのにこんな感じの仕上がり。。!?」とか

「高いだけ。。。!?」etc…

 

 

 

逆バージョンはいいんだろうけどね。

「安いのにここまでしてくれた!!」

「意外に良かった」。。。

 

 

 

でも心理的に安い方が絶対もう一回来るかといったらそんな事ないから不思議!笑

安さに引き寄せられて来たお客様はまた安さで再来しない法則は有ると思う。

そこにはやはり満足感。そうとにかく満足感。

 

 

 

安くても高くても満足度が高く感動ポイントが高ければ戻ってくる。

結局やっぱり中身なのですね。。。笑

 

 

 

安いか高いかそれはお客様の価値観。

 

 

 

どっちにしても来て頂いたお客様の価値観を

打ち破る事が出来たらいいって話しですね。

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)