toggle
2017-03-03

個人的に好きな質感のwaxはコレ

いつも使ってるwaxなんですがここ最近は定着してるな。

 

 

 

毎回コロコロと変えて求める質感探し

してたんだけどね。

 

 

 

まずはかなり優秀なTEXTURE CLAY(NIGELLE)。

 

 

 

 

これはウェーブ用のwaxなんです。セット力は無いんだけど髪の毛をまとめるのには最高のアイテム。質感はファイバー 。主にタオルドライした濡れた状態に適量使っています。

 

 

 

でもここがポイントです。洗い流さないタイプのオイルを使うよりマシ。洗い流さない(アウトバス)タイプのものは結局は少し経つと飛んじゃうものが多いし気がつくとパサパサに戻ってる事が多いんですよね。手触りは滑らかになるんだけどね。だからストレートの直毛仕上げなんかにはオススメだと思う。

 

 

 

TEXTURE CLAY(NIGELLE)をつけて作っていくと。。。

 

 

まずはタオルドライした状態でNIGELLEを毛先中心に握るように付けていきます。ドライを進めて行くと髪の毛の束感を保ったまま柔らかく滑らかな感じのまま乾いてくれます。。最近多い毛束感があるwetヘアーなんかを作る時に凄く適してるんです。

 

 

 

ドライヤーの風は最初は強く根元を乾かす感じに。髪の毛迄バサバサっと乾かして行く強風の使い方ではなくて髪の毛の中を風量で書き分けながら根元を乾かして行く感じですね。

 

 

 

 

そして乾かしていって乾いてく工程で水分が飛んでいくけどもこのwax(油分)があるお陰でパサパサ仕上がりにならない。なのでパーマ後とか束っぽい抜け感スタイル、wetスタイルに仕上げ易くてお気に入りです。

 

 

 

そして7〜8割乾かしたら次にAbreeze NO3jamire franを適量混ぜたものを毛先中心に付けて束感を強調します。

 

 

 

 

 

 

 

この二つはwaxとオイルwaxの融合です。大体一対一くらいの比率かな〜

jamirefranのほうはセット力というよりかは油分が多いのでまとめる時に使う物です。Abreezeは普通に柔らかめのwaxになります。

TEXTURE CLAY(NIGELLE)を付けて乾かして根元も乾き毛束にまだ水分が残っている状態7割ドライ程度の状態の所にこの混ぜた2つを毛先に握るように適当に付けて束っぽいwetヘアの完成。ポイントは水分量に重点を置いた束感の出し方や残し方です。その手助けを数種類の質感の違うwaxで表現しています。

 

 

 

最後にみんな知ってるproductのバター。の紹介

 

 

 

 

 

これはしっかり手で混ぜて手の中で充分に溶かしてから毛先のみつまむようにして付けて束質感を作るとイメージした質感やシルエットになりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

自然なクセっぽい束感が手と弱風の風(ドライヤー)で作れます。こんなにつけても全然ベタベタしませんよ。

 

 

この4つを髪質や出したい質感に応じていろいろな順番、付け方で工夫して使って行きます。あとは質感作りはセンスもあると思うけど使うアイテムにも思った以上に左右されますよ。今は色々使って来てこの4つに落ち着いてます。

 

 

自分のお客様には濡れた感じのwet束感のスタイリング&作り方レクチャー致します。お待ちしています!

 

 

 
%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99hair

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-web4

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)