toggle
2016-01-20

大事に行こう!

こないだの事です。

自分の所に来た新規のお客様。

オーダーはパーマでしたが

正直パーマがいい感じにかけられる状態の髪ではなかった。

結果僕はパーマが得意だけどもその時は

かけなかった。。。。

 

でも「パーマしたい」

こんな事美容師なら沢山出くわします。

僕の判断は勿論NOパーマ

でもここからが大事。

そして分かれ目。

 

パーマしたいんだからパーマしてあげればいいじゃないか。。

なんとか工夫してパーマの方向に。。。

パーマに期待を込めて探して来てくれている。。

etc…

 

勿論理解しています。

 

問題なのは今日パーマをかけたとして

何時間後かにお店を出る時にいい感じなのか!?

それとも次の日の朝お客様が自分でスタイリングをした

時にいい感じなのか又は継続出来そうか。。

 

要望に答えて料金頂くなら

真意としてどちらの方がいいのか!?

 

考えなくても解ると思いますが。

やればいいってもんじゃない。

 

afterの細かい責任しっかり持とうよ。

やればいいってもんが仕事じゃない。

要望は実行したからいいってもんじゃない。

 

きっちりとしたある程度のクオリティ

保てない判断ならちゃんと伝えるべき。伝えよう!

 

髪の毛傷んでどうしようもなくなるのは結局お客様。

 

なぜ出来なくてどうなってしまうのか?

どうして「今」「今回」は駄目なのか

ここ重要です。

 

家で操作出来なくなってしまう可能性が

極めて高いんだったら

料金頂けません。

 

術後生活に多大な支障をきたすような可能性や

副作用、後遺症が残るのに手術しますか??

 

ちゃんとまっすぐに説明しよう

大事にいきましょう。

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)