toggle
2015-08-07

来てくれた時の為に何を用意出来てるか

th_fuuko1443pp

 

 

新規のお客様でもずっと通ってきて頂いてるお客様でも

自分に予約してきて頂けるのは心から嬉しいものです。

でももっと沢山来ないかなーと、、嘆いたり思ったりする前に

来て頂いた時に何が用意出来ているかどうかをいつも考えます。

 

情熱、感謝、技術、おもてなし。。

そこは勿論ですね。

 

そこで今日の話に飛びます

 

もう少しで一年くらい?

ありがたい事に担当させて頂いているお客様が

縮毛矯正に。。

 

 

以前にクセ毛を少し伸ばす程度にアイロンを使わないでナチュラルにストレートに

したんだけども、今回は湿気と汗で膨らんでしまう根元をアイロンを入れて

まっすぐに。でも毛先までやってしまうとシャキッとした

まっすぐになってしまい結んだ時に雰囲気が変わってしまうから毛先は残して施術。

 

お客様のニーズはこんな感じだ。

 

朝、根元の膨らみがとにかくすごい。

毛先もクセは出るがポニーテールにした時に

まっすぐになってしまうのもちょっとイヤ。

朝の時間短縮

仕事でいつも縛る。

うねりがとにかくイヤ

パキッとした全部のストレートは嫌。

 

今回の問題は根元のクセによるものの

膨らみを解消する事で色々叶うと判断!!

 

そこで僕がさせて頂いた提案。

 

一番うねりが出てシルエットの邪魔をしてしまう(乾かした時に膨らんでしまう)

ところのみをまっすぐに。

そうする事によって乾いた時にシルエットが膨らまない。

 

毛先はアレンジした時にまっすぐ過ぎると

なんか味気ないので毛先の10〜15センチは

残して(ストレートをやらない)施術

 

 

仕上がりは上から乾かすとタイトに収まり、やらなかった毛先は

自分のクセのままだけれどもお客様にとってはポニーテールとかにしたときに

毛先にゆるい感じが残っていていい感じに。

今迄感じていた根元のボリュームも消えている。

 

矯正はしたけれども「あ、しました!!」って

感じはどこにも感じさせない。。

スゴくナチュラル。

 

こういう発想は常に持ち合わせていたい。

目の前のお客様がどんな雰囲気でどうして過ごしていたら

一番ステキかをいつも考えている。

今回のストレートにしたって「矯正したいです」

に対して「はい!わかりました」で全部まっすぐにするのは

簡単だけれどもそこは時には違う時もある。

 

まっすぐに!!=「なんでそうしたいのか」

を考えたりそこのワードからその先にはどうなりたくて

どう見られたくてどんな雰囲気になりたいのか???

 

そこまで考えられるかどうかで色々違ってくるなぁー

って感じ!

 

例え全部まっすぐになってしまったとしても

不満領域ではないかもしれないけど感動の領域ではない。

 

来てくれてどんなメニューに対しても先を見据えた

展開。また予約が入っているならどんなイメージの用意や

モチベーションで接するかによって変わってきちゃうんだな。

 

心の中の用意(キレイにするというモチベーション)と、実際の施術の工夫であり

芯を捉えた用意がとにかく必要不可欠。

 

予約が増える為の工夫や発信も大事だけどもその部分で一本走るんじゃなくって

何ヶ月かに一度時間を使って自分の為に来てくれるそこに120%で答える

色々な用意がもっと大事ですね。

 

そこまで思っていて、、考えていて。。

最後嬉しそうな雰囲気になるとこっちも嬉しい。

いろいろ吹き飛ぶ笑。

 

新規のお客様なら一瞬で判断して頭の中味フル回転させて

見極めて施術&ストライクゾーンまで持って行かねばならない。

これはこれで本当に真剣に取り組んでいれば大変。

 

定期的に来て頂いてる方ならある程度情報だったり

その方との距離感が解っていたりするはずだからまだ猶予はある。

定期的に来てるとか何年間も担当しているから大丈夫とか

まるっきり関係ないです。

味がまずくなった料理屋さんにはわざわざいきません。

 

だからいろんな意味で用意してますか?なんです!!

 

PS  そんなに簡単にはいかないと思っています。。日々努力しています笑

 

 

 

予約バナー

 

follow me

th_写真 2015-07-17 16 01 16

予約専用tel 0422276388

LINE@はこちらから

Add Friend

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)