toggle
2017-06-21

次の一手

今の時の人でもある藤井四段。将棋は今まで一度も打った事ないしもちろんルールも詳しく知らない。

 

 

対局すると数十時間に及ぶ事もあるなんてね。そして持ち時間も何時間も!!!たった一手打つのに何パターンもの読みと心理戦。

 

 

相手がどういうふうに考えているか!?そして先読みしつつ裏も読まないといけない。まさに人生そのもの。

 

 

仕事も同じくだ。

 

 

お客様が何を求めていてサインを出しているか、どうして欲しいのか?先読みの一手や行動思いがけが大事。

 

 

お客様全員が希望のイメージを100パーセント伝える事が出来るかといえば絶対あり得ないし、だからこそこっちが先回りをしなくてはならない。

 

 

今は来て頂いたお客様に対してだけどアシスタントの時はメインの仕事が先輩のヘルプだったので常に【次の一手】先廻り読みが必須だった。

 

 

観察しながら何が今必要でどんな動き方がスムーズなのか、今必要なヘルプは何なのか!!最近は【言われた事しかやれないでななくてやらない動かない!予測できない人】が増えている気がする。

 

 

ぜーんぶ動きかたや方向性を導いてあげないとダメみたい。

 

 

本当に細かく小さな部分まで手取り足取りしないと動けない。そして動こうとしない人もいる。。。

 

 

仕事は次の一手を予測する所から始まります。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)