toggle
2018-03-06

 

 

奥が深いというか、

毎月1回か、2回やってくる。

美容の迷路。

迷い込んだらトコトン。

深みにハマって抜け出せない

沼のようだ笑。

 

 

 

自らハマりに行く時も最近は多い。

 

 

 

沼へ、、。

 

 

 

ハマった途端に【平坦な道】と

【いばらの道】の選択。

 

 

 

勿論迷わず【いばらの道】コース。

 

 

 

とにかく、、もっと上手くなりたい!

 

 

 

【上手く】=【仕事が楽しめる幅が増える】である。

 

 

 

特にカット。

ここから沼の始まり。

 

 

 

カットを軸に色々ハマる。

主に切り方やデザイン構築に

あたる部分でとにかく

試行錯誤というかブラッシュアップが多い。

 

 

 

頻繁にだ。

 

 

 

どうやって切って

重ねたらどうなるか?

それにはどんなイメージで、作業ポイントで。。

 

 

 

尽きない。

 

 

 

だから毎日ノートを持ち歩いて

アイデアは必ずメモするようにしてる。ポッと湧き出たヒントのカケラは大事だからだ。

 

 

 

そして毎日の自分の仕事の

想いも書く事もある。

 

 

 

寝る前には必ず見返す。

この繰り返し。

 

 

 

カットの沼は実際ノートに

絵を描いて頭の中で再確認して

更に深くイメージを繰り返す。

 

 

 

だから切り方や、

量の取り方、

などなど月単位で結構変わってしまう。

 

 

 

仕上がりのテイストがガラリと変わって行ってしまうのではなく結果は着々と着地に向かうんだけどそこまでの間の工程が変わる。

 

 

 

もっと良いものを目指して。

 

 

 

鏡の前のお客様には勿論

こんなエゴイズムは全く関係ない笑

 

 

 

勿論。

全て自分の為の事。

 

 

 

でもそれがちょっとずつ

反映されてお客様には還元されて行く。

 

 

 

過去【こんな髪質なら最大限こんな結果】だろうというスキルの面でも今はアッサリとその上を行く!

 

 

 

先回りしてプレゼンも出来る。

 

 

 

これも積み重ねの自分アップデートのおかげ。沼のおかげである。

 

 

 

こんなアスリート的

マインドなんだけど上手くなるには

考えられる道は今のところ自分には持ち合わせてない。

 

 

 

記録を百分の1秒でも縮める為に工夫するのと同じ感覚だと思う。

 

 

 

良いか悪いかとかじゃなくて

最終的に楽しむ為にだ。

不器用器用も関係ない。

 

 

 

そんなの工夫と反復と時間とヤル気さえあればどーにでもなるし

悩みのうちにもならない笑。

 

 

もっとだ!もっと。

まだまだ、まだだ!

まだ上手くなれるし、

なりたい。

 

 

 

新規で感動して帰って頂いたら

二回、三回目は更に感動だ。

 

 

 

それにはどうする?

何を準備する?

 

 

 

1日1ミリでも変化を!

結果に乗らなくたって

成果が目に見えなくたっていい。

 

 

 

どーせずっと仕事していくんだから

楽しめる方が良い。

 

 

 

楽しむ為に試行錯誤の繰り返しが必要。

 

 

 

「普通や平均は何も生まれない。」

 

 

 

どんなことでもそこから(普通、平均)

少し上の環境へのステージや

上がるための何かをした人が

評価や結果を手にする。

 

 

 

✔net予約はこちら

予約専用tel 0422276388


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)