toggle
2015-05-01

湿気の季節!縮毛矯正する前にちょっと考えよう!

th_yk3193pp

 

クセが目立ってくる季節になりました。

 

湿気は大敵ですね。

 

「クセ」の方の気持ちスゴくわかります。

 

でも矯正していると毎回同じ髪型だし、飽きるし、、、、

 

昔全部かけられて髪の毛がシャーペンの芯みたくなってしまった事もあるし、、、

 

ストレートでふがいない想いをされた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

色々な考えがあると思いますが、僕はどちらかというと「馴染ませる派」

 

新規で毛先迄ぜーんぶまっすぐをご希望される方もいらっしゃいますが

 

よーく見てみると毛先にはゆるーい良いクセが。

 

お客様のご希望なのでまっすぐに毛先迄かける事は全然可能ですが。。。

 

気になっているのは、、、?矯正をかけようと思って予約した理由は、、?

 

クセのせいで出ているボリュームですか?

 

収まりを良くしたいからですか?

 

朝のスタイリング時間や手間を軽減したいからですか?

 

それぞれストレートをかける意味あいが一人一人違うと思います。

 

そこを理解しようと思います。

 

理解した上で施術しないと意味が無いと思っています。!!

 

例えば収まりを良くしたいだけだったら毛先迄のまっすぐはいりません

 

膨らむ箇所をポイントで根元のみ伸ばして毛先は活かす方向で考えます。

 

毛先迄してしまうと確かに楽になって収まるけど、楽チンかもしれないけど

 

本当にそんなに全部のまっすぐ希望だったでしょうか???

 

毛先迄してしまうと今度毛先の動きが出づらくなります。

 

パーマをかける時に矯正の処理された髪の毛はパーマの施術や対処が難しくなります。

 

カラーリングの色味も沈みやすくなります。。。

 

結構ストレートって「まっすぐ」と引き換えに色々施術のリスクがあります。

 

その時になって「え、そうなんですね。。。。」

 

と困ってしまう事になるのはお客様です。

 

オーダーにしっかりと応じるのも必要ですが、何でもかんでも

全部まっすぐにしてしまうのは少し違うと思っています。

 

まっすぐにする為の意味理由、、そして「これから」をもっと必死に考えてあげないと

最後に何ヶ月か経って悲しい思いをするのはお客様です。

 

「馴染ませる派」と書いたのはまっすぐにしないではなくて必要な部分を

しっかり導いて対応してしっかりと「クセ」「悩み」に対応する努力という事です。

 

まっすぐにしたらそのうち毛先は曲げたくなります。カールが欲しくなります。

 

今のお客様の気持ちと今後と、そこにある「クセ」「うねり」「ボリューム」

 

にしっかり向き合う事が大事なのでは。。

 

instagram follow me

net予約

予約専用tel 0422276388

他のスタイルはこちら

LINE@はこちらから

Add Friend

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)