toggle
2016-04-01

紹介してもらうってどういう事なのか!?

th_yuri-tabata6274pp

 

 

 

紹介の人数は月によってバラバラですが

やっぱりお客様を紹介して頂けると当たり前ですが嬉しい。

 

 

 

でも「どなたか紹介して下さい」

では紹介してくれるハズもないので

どうやって自分の事をお客様から

第三者に伝えて貰えるような雰囲気にするかが重要。

 

 

 

でも具体的に実施している事は殆どない。

でもやっぱり売りなのかなー。なんて思います。

 

 

 

この人に切ってもらうとこんな特典が。こんな期待値が!!。

なにが得られてどれくらいの期待値があるのかどうなのかで

「一度行ってみよう」になるのかもしれません。

 

 

 

勿論値段も全然アリ。否定しない。一つのきっかけにすぎないし。

50%オフで何人も来て頂けるんならそれでもいい。

 

 

 

でも実際は心理的な部分もあるけど

いくら安くても来ないもんなんです。笑。

 

 

 

得体の知れない所や未知数の部分には

プライスではなかなか釣れないんですよね。

 

 

 

自分に犠牲を払ってまでもリスクは取りたくないのが普通です。

だからある程度の安心材料が必要。

 

 

 

スタイル写真かもしれないし、

ホームページのコンテンツなのかもしれない。

 

 

 

僕だったら多分スタイル写真の数とクオリティや世界観。

そこを見てもらってからだと

実際予約迄たどり着くケースが多いかもしれない。

 

 

 

一度来ていただけさえすればそれでいい!!。

あとは中身でとことん勝負すれば問題なし。

 

 

 

来てもらう迄どんな導線を引くかが重要ですね。

 

 

 

やっぱり幾度も記事にはしているんだけど

共通のメディアがスマートフォンだから

簡単に確認出来るsnsやホームページ、

個人のblogなどでの発信が今の時代は強いのかなー。

 

 

 

でもtwitter感覚ではダメ。「こんなのどう〜〜〜」

的な軽い感じのはスクロールされて終わり。多分ね笑

 

 

 

。何故かって!?そりゃこんなに沢山スタイル埋もれ返ってるからね。

同じ感じじゃもう新しく無いから新鮮さがない。

 

 

 

「あーこんな感じか?」「どっかで見たな」

そんなんで終わっちゃう。

 

 

 

食べた事ある味だったり予想出来る範囲だと

見切られちゃうんですよねー。。

 

 

 

よってより真剣に物作りしないと無理ってことね。。

本質を求められる時代にいち早く気付いてる人が

コレからは残って行くんだろーなー。

 

 

 
予約バナー

 

follow me

th_写真 2015-07-17 16 01 16

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)