toggle
2019-04-27

髪型で小顔にするには。。。

顔の輪郭や顔型をカバーしたい方は顔の輪郭が

隠れる位長くしておくと安心かもしれないですが

実は逆効果です。

 

「サイドの長さをあまり切らないでください」

「なんか短いと輪郭が嫌なので・・・・」

 

美容師側からしたらその感じ凄く理解出来ます。

誰だってコンプレックス部分はカバーしたいし

できれば見せたくないのが普通。

 

お話をお伺いしてそんな時は切らないです!!笑

でも自分の考えもちょっと伝えます。

 

顔が小さく見える条件は髪の毛の中に顔の中心

が来ればくるほど小さく見えます。

 

顔の形に対して比率が等分であればあるほど

必然的に顔は小さく見えます。

 

勿論骨格のコンプレックス部分もリカバリー出来ます。

例えばミディアム〜ロングなら後ろの髪の毛が前に

回ってきた時の正面から見た時の髪の毛と顔の比率が

どうなのかによって顔が大きく見えたり小さめに映ったり

変化します。

 

いかに髪の毛で顔を包んだ状態かどうかで小顔に見える

かどうかが変わってきます。

 

よくヘアカタなどでひし形シルエットとか

ダイヤモンドシルエットって書かれてる事が

多いのは髪の毛の中に顔の中心って事です。

 

よってサイドの骨格(エラ張り)などをもし気にされる

方がいましたらそこを隠すように髪の毛の長さで

覆ってしまうのではなく髪の毛の中心に顔がくるように

シルエットを変えた方がいいです。

 

ん〜〜なかなか説明が難しいですね笑

 

写真だとこんな感覚

 

 

ミディアムです。まだ顔周り(チーク)にレイヤーが入っているのでそこまで顔は

大きく見えないですがだいたい正方形の中に顔が入っているイメージ。

 

長さを変えて比較。

 

 

ちょっとわかり辛いかもですが髪の毛の輪郭の中に顔がきてるって

イメージの写真です。サイドの髪の毛がなくても髪の毛の輪郭の中心に

顔が入っているので短くしても顔は大きく見えません。

 

 

やっぱり説明が難しい笑

 

小顔にするのは髪の毛の輪郭補正です

長さで隠すのが小顔への一歩ではありません。

 

 

新規の方で小顔にされたい方、したい方のご相談を受ける事

が多いのですがお店では理論的に説明するようにしています。

お悩みの方は気軽に相談してください。

ご本人様に髪質や骨格や長さ関係も含めて細かくプレゼンします。

 

勿論どうしても切りたくないって方の工夫もあります。

切るか切らないかの2択ではなくてそんな時は組み合わせで

考えます。

 

 

 

 

✔️net予約はこちら

予約専用tel 0422276388
 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)