toggle
2015-12-08

こういう部分だよ。

   
 
 
 
 
 


慣れないになった!もしくは初心を忘れてしまった仕事内容にはしたくない!

 
 
 

どんな仕事にでも当てはまると思ってます。
馴れ合いになるのと、クオリティや結果の範疇で省くのとは訳が違います。
 
 
 

経験や知識、努力の結果において先が見えてる部分の省略は仕上がりや与えられる満足感が見えていて予想出来るから成立するものであってそこは正直OKだと思う。
 
 
 
1から10迄じゅん追ってやっていたものを経験や努力によって5からスタートしても同じクオリティーを与えられるのであればそこは有り。
 
 
 

でも1つ1つの部分であったり工程を疎かにするのは違うと思ってます。【そこは初心を忘れない】の部分に当たりますね。お客さんも多分気がつきます。
 
 
 

行列の絶えないラーメン屋さんがもっとお待たせしないで沢山の方に食べて欲しいという理由からラーメンを仕上げて出す時間を作業工程を煮詰めて早くしたとしても
味は全然安定のある求めていた味!
 
 
 
盛り付け、具の感じ、ダシ、麺の感じなどは
当初の頃と変わらない。いつ来ても美味しい。
 
 
 

また来たくなる。紹介したくなる。
 
 
 
こうじゃなきゃダメだと思います。
 
 
 
僕は個人的にですがスタイリストになっだのが高卒18から始めてアシスタントを経て23の時。
最初はお客さんが全然付かなかった、、
というかリピートなんかしなかった。
 
 
 

「何でだろう」「何でだろう」っていつも考えて
悩んだ。結局その時は答えは出なかったけど今思えば多分雑だったんだと思う。。非常に。笑
 
 
 

技術だけではなく何もかも。
 
 
 

スタイリストになって流行りの髪型や人気のスタイルなんかをとにかく必死に完コピするように叩き込み
来る日も来る日も必死に切った。
 
 
 

お客様が帰る時はそんなに感触は悪くないであろうという認識だったけど結果は全然ダメ。笑
 
 
 

でも若かったからそんなの気にしないんですよね。

毎日毎日次から次へとお客様を切る日々だし

考えてる暇も今思い返すとなかった。
 
 
 

最高で四人掛けもったときに仲のいい友達に言われた一言は今でも心に残っている。
 
 
 

「カットの時、結構雑だよね笑」
 
 
 

「コームとかガリガリ来る」
 
 
 

「え、そう??」
 
 
 

「あとそれ、髪止めるのとか
笑一回一回クリップ痛いし」

 
 
 

「。。…」
 
 
 

自分では全然気にもしてなかったし、
気づいてもいなかった。

 
 
 
今思うと完全素人。笑
 
 
 

シャンプーしてても常に爪が当たってるのと一緒。
 
 
 

自分もそうだけど接客を受ける立場に当たると

こういう部分が気になる。なってしまうのは事実。
 
 
 

例え、ファストフードのお店であっても水をどかっと置かれたりしたら味よりもそこが気になるもんだ。
 
 
 
その時は言われたことのない角度からの指摘だったのもあったけど何故か自然に受け入れたのを覚えてる。
 
 
 

性格として頑固な部分もあるし、その時はプライドの塊だったから「はぁーッッ何か!?」みたいな感じになっていてもおかしくないのにね。笑
 
 
 
その日の夜たまたま後輩に髪の毛切ってくれって頼まれてたから直ぐに実行した。
 
 
 

まずコーミング。

 
 
 

切り始めの位置など想定して優しく引っかからないように髪の毛を梳かす。

切っている途中も耳には絶対に引っ掛けない。

耳付近はゆっくりコーミング。

クリップも止める時だけ少しスピードを落とす。

etc…..
全てを変える。
 
 
 

1つ1つのプロセスをとにかく丁寧にこなす。

割れやすい陶器を扱ってるような気分だった。

そこにだけ集中して時間がかかっては元も子もないのでスピードと集中。それぞれ柔軟に繰り返し、こなす。
しばらく経って何だか余裕が出てきた。

 
 
 
(気がした)。。。笑
 
 
 

カットをする時に細かい配慮をする事をした事によっていろいろな事に気づくようになった。
 
 
 

要所要所でお客様にも施術の説明も加えられたり何だか余裕も出来た。
 
 
 

続けて半年過ぎたくらい、新規のお客様にも

カットが丁寧と言われた。
 
 
 
カットが上手いと言われた。
 
 
 
お客様のリピート率も上がった。
 
 
 
スタイル、スタイルと、とにかく必死に雑誌を漁り

人気のスタイルや流行りの形、コテの巻き方、

仕上げ。そんな事ばかりに没頭してきたがために

何より大事な重要な事を何1つも出来ていなかったんだと思う。
 
 
 
最後に仕上がりはまあ、悪くないというか変にはなってないから「いい感じ」と言って帰って頂けるけど戻っては来ない日々。
 
 
 
そんな長い位、見えない、出口の解らないトンネルみたいなのを通ってきたからこそ今ではどんなに忙しくても待たせたとしても5年、10年通って来ていただけてるお客様にも新規のお客様にも【馴れ合い感や】【丁寧な部分】はおろそかにしたくない。
 
 
 
いつでもどんな時でも本質を見失うとダメですね。
 
 
 
ただ可愛い素敵なスタイルばかりだけをひたすら追いかけてきた20代前半だったからこそわからなかったけど今ならすごく分かるし理解出来る。
 
 
 
最終的には髪の扱いにもこだわりかなりパーソナルを強化した職人みたいな美容師になっちゃってるけど笑
 
 
 
それでも安心して付いてきてくれるお客様は増えた。
 
 
 
これからも根本の部分とホスピタリティの部分、
 
 
 
それをふまえた究極の居心地の良さ、信頼を得られ続けられるようにただただひたすら努力と客観視した対応をして初心を忘れないでまっすぐに進んでいきたいなと思ってる。
 
 
 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)