toggle
2017-05-07

グレーという魅力

グレージュってカラーリングのワードが去年あたりから浸透して今も結構【グレージュ】というオーダーがある。

 

 

 

やっぱり赤み系は相変わらず人気が今ひとつのように思える。

 

 

 

 

グレージュっていってもグレーとベージュを単純に混ぜただけでは完成しません。

 

 

 

個人的にはマット(緑)とパープル(紫)をバランスで混ぜて出しています。

 

 

 

 

染める髪の毛の元の色味にもよるけどまずグリーンでベースで考えてそこにどれくらいパープルを混ぜるか。。絵の具のパレットでイメージすると緑にちょこっと紫をまぜるとくすんだグレーが完成する。

 

 

 

 

逆に一対一位の比率にしてしまうとブラウン(茶色)になってしまう。

 

 

 

 

この混ざり位と元の髪の毛の色を考えながら調合。グレーは肌の色味も考えるとアジア人に似合いやすい。

 

 

 

 

まだまだオススメ。

 

 

 

 

 

 

 

最近はブリーチしなくてもそこそこ艶のある透明感グレージュも可能ですよ!!是非相談してね。

 

 

 
%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99hair

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-web4
 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)