toggle
2016-03-30

グレーやベージュがとにかく人気

ここずっと赤系のカラーを使った記憶が無い位

グレーやベージュが多い。

 

 

 

言って見ればマット、アッシュばかりです。

暖色系人気ないのかな?

 

 

写真 2016-02-09 7 38 12

 

 

笑外国人風のカラーが流行りだしてから

ずっとこんなテイストが続く。

 

 

 

キーワードは透明感、シアーな感じ。

抜けた感じ。そしてツヤね。

 

 

 

年間通してハイトーンですね。

 

 

 

じゃあブリーチ必要だね。

 

 

 

今ではちょっと前とは違ってブリーチのダメージに

対しての意識の垣根もぐっと下がった。

 

 

 

みんなさくっとブリーチ。

 

 

 

薬も全然良くなっては来ているけど

透明感を求めるには最低2回のブリーチは必須。

 

 

 

必ずカウンセリングで聞くけど結構あっさり。

「傷むの知ってます。。。」そんな程度。

 

 

 

でももっと意外なのはメンテナンスの意識。

 

 

 

綺麗な色をキープしてコンディションもある程度たもつには

日々の髪の毛に対する神経質な意識と乾かしたり付けたりと色々必要。

でもココの意識が最近は結構高い。

 

 

 

というかスゴく驚かされるくらい皆やってる。

「あーだったらちょっとブリーチ頑張ろう」

「やろう!!」コッチもそうなる。

 

 

 

濡れたまま寝ます。タオル巻いて寝ちゃいます。

 

 

 

乾かす時と乾かさない時と。。。オイル等は勝手も付けません。。笑

そんなのあっという間に髪のコンディションは落ちるし

綺麗な色だって瞬殺で黄色に変化。

 

 

 

でもお客様って色々説明しても「すぐ落ちちゃいました。。。」

そんな印象や感想しか持たないのが普通。

 

 

 

細かくアフターメンテを説明しても

そんなのが当たり前だと想っています。それはしょうがない。

 

 

 

笑だから意識が高いと進め易いし提案のしがいもある。

カラーが結構当っている今の時代には良い傾向。

 

 

 

髪の対する意識が上がれば色々バリエーションも増える。

 

 

 

逆にもっと高いレベルで要求されるから

必然的に美容師の意識もあがる。

 

 

 

良い傾向です。

カラーは楽しいね!

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)