toggle
2017-08-09

切る前に決まってる。

ショートからロングまでその人に似合う長さやボリュームがある。

 

 

「私はショートは無理だと思う」とかボブは昔やってたけど評判が良くなかった。。。」などなどたまにカウンセリングをしていると聞く。

 

 

「似合わない!!」は基本的に無いと思っている。むしろ似合わせないといけないと思ってる。

 

 

ロングからばっさりショートでもいきなり前髪短めでも。。。似合わせないといけない。。

 

 

一気に長さを切ると顔がいきなり髪の毛に対応できないんじゃないかとか雰囲気が変わってしまって子供っぽくなったり今のファッションとリンクしなくなっちゃううんじゃないかとか、、

 

 

当事者からしたら不安や心配は尽きません。それは承知しています。勿論です。

 

 

笑でもその前に、、、たとえバッサリでも前髪でも必ず似合う長さがあると思っています。

 

 

そこを提案してプロデュースするのが本当の意味でのカットであり仕事。

 

 

だから僕は最初ものすごく観察します。メイクをみたりアクセサリーをみたり履いてる靴をみたり。。

 

 

掴める情報を色々確認しながら好きなジャンルをさがしていきます。

 

 

何系なのか?

 

 

雑誌ならどんな感じのテイストなのか。。。

 

 

次に顔の表情を見ます。

 

 

意外と髪の毛はこの時はまだそこまで見ないんですよね。。

 

 

人は動いて生きてる生き物だから話している時や挨拶をしている時、頭が動けば髪の毛も動き、髪の表情も変わります。

 

 

また笑った時の顔も僕にとってはヒントになります。

 

 

セット面に通して数分で色々な角度から検証をし、似合わせ感覚の足し算引き算を頭の中でしていきます。

 

 

この瞬間は結構好きで、「似合うようにしてください」とか「おまかせ!!」なんて頂くと本当にテンションがあがります。

 

 

どんな長さが来ても切る前に8割位似合うポイントは決まっています。

 

 

曖昧なままでは切り始めません。

 

 

こんな感じで切ろう!!

 

 

とシャンプーに行く前に瞬間的にイメージはできています。

 

 

どうしても変化したい方や全くイメージを変えて髪型を新たに楽しみたい方ご相談お待ちしております。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)