toggle
2017-06-30

捉われないココロ

【ぶれない、捉われない。真っ直ぐな想い】が何時ものモチベーションをkeepするコツです。

 

 

もう少しでデビューしそうなアシスタントと

最近よく飲みに行く機会があります。

 

 

これから彼は色々な葛藤や自己嫌悪や苦しみを同時に

抱えながらそれを楽しみや生き甲斐に

変換させていく日々が始まります。

 

 

厳しいようですがそれが仕事です。

 

 

ウチらはお客様商売であると共に技術屋でもあり

クリエイターでもあり、ホスピタリティーも必要です。

 

 

勿論自分自身も常に葛藤があり自分自身との戦いです。

 

 

今は戦国時代!サロンマーケットの需要と供給のバランスも崩れ

何と言ってもお客様を定着させるのが難しい時代。

 

 

例えるなら多種多様なサービス形態の

価格帯のコンビニが大量に増えたんです。

 

 

ユーザーは選択肢が増え分散。

《カラーはこのサロン。トリートメントはココ。カットはいつもやってもらってる人に。。でもカラーのついでにたまにはカラーの人にもやってもらおう。。》

当然サービスの付加価値やブランディングの見直しによる

特化した価値を各サロン打ち出すようになる。

 

 

【カラーが得意だからお任せ下さい】

【トリートメントでどんなダメージもお任せ下さい】

【コスパで勝負】etc…

 

 

さあ!何処でどうやって勝負していきますか?

 

 

「これをやったら間違いない。。。」

などといった特効薬は無いです。

 

 

とにかく情報も多い時代ですからね。

色々試しながらも有りだと思う。

まずは来てもらうためにする努力。

これを個人で継続させる事だと思っています。

 

 

一つだけでもいいから継続させる事が大事かと。。

 

 

やるからには何か返って来るものに期待してしまうのが

人間であるけど簡単にやった分だけ自分の所に

返ってくるはずはまず有り得ないので続ける事が大事。

 

 

結果がなかなか思ってる以上に乗ってこないなら

更に工夫、更にこなせば良い。。。

 

 

継続させつつ中身の工夫をすればいい。

努力すればいい。

 

 

ここが結構重要で以外に諦めてしまう人が多い気がする。

 

 

自分で到達点を決めてしまっては成長はしない。

無い。

 

 

そんな陥り方をして結局ダメな方向に進んだ人も過去沢山見てきた。

 

 

口を揃えて出る言葉は「なんか違う」など、

言い訳ベースの自分の事は棚上げした内容を吐き出す。

 

 

どんな状況だとしてもピンチならチャンスがある。

 

 

結構紙一重。今、今日、明日の結果でななくて

どんな状況にも捉われないで地道にやらないとね。。。

 

 

努力は最大の近道。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)