toggle
2019-07-10

提案は紙一重だ(じつは)

 

 

 

 

見飽きてきたタイミングでいつも頭の中でゴロゴロと考え始める。

<なんかないか!>と。

 

だからいつもほとんど仕事に対してはマンネリになる事はない。

楽しむのが一番。

お客様の感覚になって考える。

 

だから前回と同じと言われてもベースは同じに作るかもしれないけど

再度途中でヒアリングしたりくすぐったりも。

 

確かに前回は良かったかもしれないけどもしかしたら

「前回と同じ」と伝えておけば外れる事はないし、、、

今はそれしか頭に浮かばないのかもしれない。

 

でもなんて伝えていいかわからない。。。

そこを考える!!

 

そしたら提案!?

いや提案は結構紙一重。

自分はそう思っている派。

 

長く切っていもらっている美容師さんに提案されたら

安心も信頼もあるし意外と断れない。

「あ。じゃあお願いします!」ってなると思う。

 

でももしちょっと違うかもゾーンに踏み入れてしまったら。。。

だから紙一重。お客様はきっと嫌だとは言いづらいであろう。。

 

新規のお客様に対しては自分の仕事やポテンシャルなどを

売り込む為にチャレンジ枠としてありだと思う。

 

でも長い顧客様に限ってはなんでもかんでも

提案からの打開を考えていても難しいタイミングもあると考える。

 

じゃあ、、、どうすれば。。。。

 

答えは【知っていて当然。わかっていて当然!からのサプライズ】を期待されてる。

お客様にとってサプライズ要素がどれだけあるかないかで

美容師に対しての信頼度も変わってくる。

 

そう、こういう感じにしたかったの

意外といいかも、でもなんて伝えていいかわからなかった。。。

 

作る仕事だけれど人が間に入っている実の所の繊細さと難しさ。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)